関連ワード

居室での行動は? 気になる高齢者の一人暮らし

安否確認

高齢者一人暮らしのリスクは家の中にある?

高齢化が進むにつれ、高齢者だけの世帯、また高齢者の単身世帯が増えました。特に、一人暮らしの高齢者は今後も増加し続けることが予想されています。一人暮らしは自立しているからこそできるものですが、他の世代に比べると、元気な人であっても、高齢者の一人暮らしには何かとリスクがつきまといます。離れて暮らす家族としては、高齢の親が無事に過ごしているか、日々気になるのではないでしょうか。

高齢者一人暮らしのリスクの大きな要因となるのが、急な体調変化と家庭内事故です。高齢者には持病のある人も多く、高齢になると誰でも身体機能が衰えます。そのため、日ごろは元気でも急激な温度変化などにより心筋梗塞などの健康被害を起こす可能性が他の世代よりも高いのです。

また、東京消防庁の調べにより、交通事故以外で、高齢者が事故にあう場所として最も多いのが「住居等居住場所」、つまり家庭内であることがわかりました。事故の件数としては、転倒が最多で、次いでお風呂などでの溺水(おぼれる)が多くなっています。先ほど述べた急な体調変化がこのような事故につながることもありますし、高齢者が事故によりケガをすると重症化する傾向にあります。

このことから、高齢者にとってのリスクは日常生活に潜んでいることがわかります。加えて、後期高齢者になるほど外出する時間が減り自宅で過ごす時間が長くなりがちですから、高齢者が無事に暮らしていくには、家や居室における安全性を意識することが大切です。

心配を減らしてくれる見守りシステム

高齢者一人暮らしには以上のようなリスクが伴うことを知ると、離れて暮らす家族としては、もちろん心配になりますね。しかし、リスクを予防し、万一の場合には迅速に対応できるようにしておけば、心配を減らすことができます。

そのために、まず重要になるのが、離れて暮らす高齢の家族の家での日常的な行動パターンを把握することです。次に、いつもと違う行動の変化や異常を見逃さないようにすれば、事故の予防や早期発見につながります。こうした仕組みをつくるには、日常的な「見守り」が欠かせません。

とはいえ、離れて暮らす家族自身が日常的に見守るには無理があります。そこで、検討したいのが見守りシステムです。見守りシステムとは、カメラやセンサーで見守り対象者やその周辺の状況をモニタリングするネットワーク製品です。インターネットでつなぐことで、見守る側はいつでもどこからでも見守り対象者の様子をパソコンやスマートフォンで確認することが可能です。

センサーを使った見守りシステムの製品には「いまイルモ」があります。どのようなものか知っていただくために、実際に「いまイルモ」を利用された方の体験談をご紹介します。

「いまイルモ」利用者体験談のご紹介

<電話をするときも「いまイルモ」を見てから>
約2年間にわたり利用させていただきました。この2年で特に事故等のトラブルもなく、91歳まで独り暮らしが続けられてきたのは、「いまイルモ」のおかげだと感謝しています。このシステムのおかげで、病院に行く以外はほとんどの時間、居間兼キッチンにいることがわかりました。また何時に起きて、何時に寝るか、またどれだけ出入りしているかもわかり非常に助かりました。電話をするときも、まず、いまイルモを見てから電話するようになりましたし、妻、娘、妹達もかなり利用しているようでした。
今後は施設に入りますが、これまでお世話になり感謝しています。
50代 男性

いかがでしょうか? まさに、一人暮らしの方の日常的な行動パターンの把握と異常がないかのチェックに活用されていたようです。
それも就寝や外出の時間、居室での様子など、「いまイルモ」がきめ細かい見守りをしていたことがわかりますね。

プライバシーにも配慮して細やかな見守り

このように細やかな見守りができる「いまイルモ」ですが、それだけにプライバシーへの配慮について気になる方もいるかもしれません。
元気で自立している人ほどプライバシー意識は高いものです。安否確認のためといえ、家や居室での様子をずっと見られているのはイヤだと思う人もいるでしょう。

「いまイルモ」はカメラではなく、センサーで見守ります。「いまイルモ」のセンサーは人の動きや温度、湿度、光などに反応し、データとして計測します。したがって、見守られる人は「目」で見られているのを意識することはありません。また、見守る人は画像や映像ではなくグラフ状のモニタリングデータで確認するので、お互い気まずさもありません。「いまイルモ」なら、見守られる人のプライバシーにも配慮しながら、日常的な安否確認ができるのです。

「いまイルモ」のような見守りシステムを導入しなくても、毎日電話で安否確認をするといった方法もあります。ですが、つい忘れてしまったり、無事なときにはお互いわずらわしく感じることもあります。その点、「いまイルモ」があれば、変化や異常のあったときだけ、すぐに連絡できるので効率的です。

高齢になっても元気なうちは自立して暮らしたいという人は多い一方、家族としては何かと心配なのが高齢者一人暮らしです。「いまイルモ」は、離れて暮らす家族の心配を減らし、高齢者がいきいきと自分らしく暮らすためのお手伝いをいたします。

その他のおすすめ記事

  • 高齢者安否確認に欠かせない熱中症対策 センサー見守りでさらに安心

  • 高齢者見守りはインターネットで進化した?5Gってナニ? 通信技術が実現してきた見守りの今。

    高齢者見守りはインターネットで進化した?5Gってナニ? 通信技術が実現してきた見守りの今。

見守り支援システム「いまイルモ」

キーワード