関連ワード

高齢者安否確認に欠かせない熱中症対策 センサー見守りでさらに安心

安否確認

熱中症が最も多く発生する場所は

夏が近づくにつれ、気をつけなければいけないのが熱中症です。
この数年間は毎年のように猛暑の夏となり、多くの人が熱中症を発症しています。特に高齢者は熱中症になりやすいと言われていますが、熱中症はどのような場所で発生しやすいかご存知でしょうか?

熱中症と言えば、「炎天下の屋外でスポーツや作業していて発症する」イメージが強いかもしれません。しかし、過去の統計を見ると、意外なことに住居など室内で熱中症を発症した人が最も多いのです。東京消防庁によると、2018年6〜9月に熱中症で救急搬送されたケースの全体では、およそ4割の人が「住居等居住場所」で発症していました。このデータを年齢別にみると、65歳以上では実に5割近くの人が住居等で熱中症になっているのです。

これは多少なりとも驚きですね。外は暑いからと出かけないようにしていても、熱中症対策としては十分ではないということです。
また、高齢になるほど、室内での熱中症対策が重要になります。超高齢社会となった現代では、一人暮らしや日中家にひとりといった高齢者が増えていることから、夏場の高齢者安否確認では熱中症対策が欠かせないと言えますね。

なぜ、家の中で熱中症に?

では、なぜ、室内で熱中症が発生しやすいのでしょうか?
屋外の気温が上昇するにつれ、室内の気温も上がりますが、室内の温度変化は気づきにくいからです。高齢になると温度の変化を感じにくくなるため、特に高齢者の場合は室温が上昇していることに気づかず、いつのまにか熱中症で倒れてしまっていたというケースも少なくありません。

一般に、室内の気温が28℃を超えると熱中症のリスクが高まると言われていますが、エアコンの設定温度を28℃にしていても必ずしも安心ではありません。エアコンの設定温度はあくまでも目標とする温度に過ぎないので、28℃に設定してエアコンをつけていても、実際の室温はそれよりも高いこともあるのです。したがって、室内には温度計を設置して温度管理をすることが大切です。

また、室内で起こる熱中症は、気温が高くなる昼間だけではなく、夜間にも注意が必要です。住居や居室の条件によっては、昼間よりも夜間の方が室内の温度が高くなるケースがあるからです。例えば、コンクリート造の建物の場合、本来コンクリートは温まりにくく冷めにくいため、日中にじっくりと溜め込んだ熱が夜間に室内に放射され、室温が高くなってしまいます。この他にも、西日がよくあたる、最上階にあるといった部屋は夜間も暑く、熱中症リスクが高くなります。

このように、室内の熱中症対策は温度がポイントになることが分かりますが、加えて「湿度」も重要です。湿度が高くなると、汗をかいても乾かず、体温を下げる働きが低下するからです。さほど温度が高くなくても、湿度の高い部屋で熱中症になったというケースも報告されています。

室内の熱中症予防の対策は

こうしたことから、室内での熱中症を防ぐには、温度と湿度の管理がカギになります。体調などにもよりますが、居室の温度は28℃以下、湿度は50?60%に保つことが望ましいと言われています。そのためには、住居や生活スタイルについて次のような対策を行いましょう。

・室温が28℃以下になるよう、エアコンを適度に使う
・温度計で室温をこまめに確認する
・風のある日は窓から風を入れたり、扇風機を回したりして室内の空気を循環させる
・よしずやスダレなどで窓からの日差しをさえぎる
・日当たりがよい外壁にもよしずやスダレなどを設置し、温度の上昇を防ぐ
・西向きや最上階の部屋を寝室にしない
・コンクリート造の建物では、外に面した壁ぎわで寝ないようにする

これらに加えて、一日を通してこまめに水分を摂るようにしましょう。
高齢者の場合、一日あたりの水分摂取量は食事以外で1リットルが目安です(持病などにより水分制限がある場合は、主治医と相談してください)。
また、人間は夜間眠っている間にもたくさんの汗をかくので、夜、寝る前やトイレに起きたときにも水分補給をすることを忘れずに。

24時間の温度と湿度管理がカギ

体の中に水分を貯めておきにくい、温度の変化を感じにくいといったことから、高齢者は他の世代よりも熱中症リスクが高いとされています。
高齢者にとっては、自宅や居住場所は最も熱中症を発症しやすい場所とも言われています。室内での熱中症を防ぐには、24時間を通しての温度と湿度の管理が重要であることが、以上のことからお分かりかと思います。高齢者本人や家族で上述のような住居と生活スタイルの工夫をすることもできますが、高齢の家族と離れて暮らしている場合は、こうした工夫に加え、何らかの方法で24時間の見守りができればより安心でしょう。

そこで、高齢者安否確認のツールのひとつとしておすすめなのが「いまイルモ」です。「いまイルモ」は複合センサーを搭載した見守りシステムです。
見守る側はいつでもどこでもパソコンやスマートフォンでセンサーによる見守りデータを確認できます。センサーによって、見守られる人の部屋の温度と湿度が適度に保たれているか、離れていてもチェクできるので熱中症対策に最適です。万一、熱中症を発症した場合には、本人の動きを人感センサーが感知します。自治体や民間サービスの訪問による安否確認や巡回確認では緊急事態への対応には不安が残ります。
その一方、熱中症は一刻を争う緊急事態。自覚症状が出たときにはご自身で通報するのも難しいかも知れません。高温多湿をいち早く感知して知らせ、部屋にいるかを速やかに確認できる「いまイルモ」は高齢者の熱中症予防に欠かせない安否確認ツールですね。

その他のおすすめ記事

  • 高齢者は特に注意が必要! 熱中症かなと思ったら、何をするべき?

  • えっ、こんな意外な原因も? 一人暮らしの高齢者こそ熱中症にご用心!

    えっ、こんな意外な原因も? 一人暮らしの高齢者こそ熱中症にご用心!

見守り支援システム「いまイルモ」

キーワード