関連ワード

高齢者にやさしい見守りの方法は? どうしてセンサー見守りが人気なのか!

安否確認

離れて暮らす高齢者をどう見守る?

超高齢社会となった現代、高齢者だけで暮らす世帯と高齢者の一人暮らし世帯が増え続けています。
また、子供世代と同居していても、日中は高齢者だけというご家庭も少なくないでしょう。高齢者だけのお宅は窃盗犯や悪質商法のターゲットにされやすいといわれますし、高齢になるとふだんは元気にしていても急な体調変化に見舞われる可能性も増えます。

そんなことから、離れて暮らす高齢の家族の様子が気になるという方は多いと思います。近所づきあいも希薄になった昨今、家族に代わって、高齢者を見守るにはどうすればいいでしょうか? 毎日、電話やメールをすることも考えられますが、仕事や家事に追われるうち、ついつい忘れてしまいがちです。
そこで、見守りサービスなどを利用する方法があります。

見守りサービスといえば、以前から警備会社などによる駆けつけサービスがあります。これに加え、近年はインターネットや電話回線を使った製品など、サービスや製品のバリエーションが増えました。高齢者の安否確認を目的に、各社の見守りサービス・製品の比較をしてみましょう。

タイプ別に見守りサービス・製品を比較する

まず、見守りサービス・製品は大きくこの3つのタイプに分けられます。

・緊急通報タイプ
警備会社などによるものが多く、見守られる人の自宅に通信機器を設置し、緊急時に操作することで警備スタッフが必要に応じて対応する。

・コミュニケーションタイプ
担当者が直接高齢者のお宅を訪問したり、電話をかけるなどして安否確認を行うサービス。宅配業者などが提供していることが多い。

・IoT製品タイプ
インターネットや電話回線につながったカメラやセンサーなどのシステム製品を見守られる人の自宅に設置し、機械の「目」で24時間安否確認を行う。見守る側は見守りデータをパソコンやスマートフォンなどで随時確認できる。

では、次にそれぞれのタイプの代表的なサービス・製品の概要や特徴を見ていきましょう。

●緊急通報タイプの見守りサービス

<警備S社:親の見守りプラン>
ホームセキュリティの対策別プランの一例です。まず、対象者の生活動線上にセンサーを設置し、一定の時間動きがない場合は異常信号が送信され警備会社が安否確認を行います。また、見守り対象者に握るだけで通報できるペンダント型の通信機器を渡し、急な体調変化や危険を感じたときに通報すれば、警備スタッフが対応します。24時間いつでも電話で看護師に健康や医療についての相談ができます。システム機器導入のための工事が必要になります。

・費用(機器レンタルの場合)
初期費用:工事費44000円(税別)/保証金20000円(非課税)
月額費用:4700円(税別)

一見すると手厚いプランに思えますが、見守られる機器を操作するのは、認知症や体に不自由がある方にはむずかしいかもしれませんね。また、工事が必要ということでは、賃貸住宅の場合、導入ができないケースが多いと思われます。

●コミュニケーションタイプの見守りサービス

<宅配N社:みまもり訪問サービス>
「訪問サービス」か「みまもり電話サービス」が基本のサービスとなります。この他に、オプション(有料)「駆けつけサービス」も用意されています。

・訪問サービス
このサービスでは、毎月1回、担当者が直接見守り対象者を自宅などに訪問し、一定の質問項目にもとづき体調の変化や生活状況を会話しながら確認します。確認項目は固定と選べるものがあり、見守り対象者の状況に応じて設定できます。状況確認の結果は離れて暮らす家族など、指定したあて先にメールまたは郵送で報告されます。

・みまもり電話サービス
毎日同じ時間に見守り対象者に電話(自動音声)をして体調確認を行い、家族などにメールで報告をします。

・駆けつけサービス
訪問サービスか、みまもり電話サービスのオプションとして利用できます。見守る側の家族向けの要請による「ご家族向け」と、事前に渡した機器を見守り対象者が操作し要請する「ご本人向け」の2種類があり、いずれも提携した警備会社のスタッフが駆けつけます。

・費用(いずれも月額・税別)
訪問サービス: 2500円
みまもり電話サービス:固定電話 980円/携帯電話1180円
駆けつけサービス:+980円*
*駆けつけ1回につき +5000円、「ご本人向け」の場合別途機器代

自宅への訪問や電話は、人によって好き嫌いがはっきり分かれそうです。特に、毎日、自動音声の電話に出るのは、却ってわずらわしく感じる人もいるのでは?
また、緊急時の対応については、駆けつけサービスに申し込む必要がありますね。費用感は、緊急通報タイプと比べると初期費用が不要な分リーズナブルですが、日常的な安否確認(電話サービス)や緊急時の駆けつけサービスをプラスしていくと、それなりにかかりそうです。

●IoT製品タイプの見守り

このタイプでは、カメラなどによる見守りのデータがインターネットなどを通して見守る側のパソコンやスマホに送信されます。警備会社などを介さず、見守る側が直接確認できるのが大きな特長です。ここでは、カメラとセンサーそれぞれのタイプを紹介しましょう。

<家電メーカーP社:屋内カメラ>
ホームユニットと呼ばれる本機に無線LANで接続するネットワークカメラです。離れた場所や他の部屋からスマートフォンやタブレットなどでカメラの映像をいつでも確認でき、赤外線LEDが搭載されているので夜間でも見守りが可能です。内臓スピーカーとマイクを通し、見守り対象者と会話することもできます。また、温度センサーや音センサーも内蔵されていて、設定したレベル以上の温度や音声が検出されるとスマホなどに通知されます。
この他にも、首振りなどさまざまな機能がついた屋内用見守りカメラがあり、ホームユニットには最大4台まで接続できます。いずれも、使用にあたっては、無線LAN環境であることが前提です。無線LANを導入していない場合は、別途WiFiルーターが必要になります。

・費用(オープン価格により、おおよその目安*)
屋内カメラ+ホームユニットのセット:17000円〜30000円程度
屋内カメラ単品:12000円〜20000円程度
*価格ドットコム調べ
**通信費は別途

カメラの目が見守りをし、その映像をいつでも確認できるのは、見守る側からするととても便利ですね。とはいえ、見守られる側からすると、24時間ずっと「見られている」のはどうでしょうか? プライバシー感覚から抵抗がある人も少なくないかもしれません。見られていることを意識してふだんと違う行動を取ってしまうこともあるでしょう。
また、見守る範囲の「死角」をなくすためには、カメラは複数台設置する必要がありそうです。インターネット環境がない住宅では、事前の準備が必要になります。

なぜ支持されるのか!センサー監視が手軽で安心な「いまイルモ」の魅力

ソルクシーズ社の「いまイルモ」は見守りカメラ同様、ネットワークを使用したシステム製品です。人の動きを感知するモーションをはじめ照度、温度、湿度などに反応する多機能センサーを搭載した端末と親機のセットで使います。24時間、見守り対象者の動きだけでなく、照度や温度などのセンサーが生活環境をモニタリングします。見守る側は、インターネットを介してパソコンやスマートフォンで、いつでもどこからでもセンサーによる見守りデータを確認できます。見守りデータは履歴として保存されるので、リアルタイムでの確認に加え、一定期間の行動や生活環境の変化のチェックも可能です。
設置にあたっては特別な工事などは不要で、インターネット環境がない場合は、モバイル通信版の製品が利用できます。

詳細についてはぜひこちらにお問い合わせください。

他のタイプと比べると、カメラやセンサーを使ったIoT製品による見守りでは、見守る側がいつでも自分で直接確認できるという大きな特長があります。このうち、センサーによる「いまイルモ」は、見守られる側が見られていることを意識しなくて済みます。これは、屋内カメラとの大きな違いになりますね。

高齢者のプライバシーを尊重しながら、24時間いつでもどこからでも見守りができるということです。温度や湿度などのモニタリングから見守り対象者の生活環境を把握できるので、健康管理にも役立ちそうです。見守られる側・見守る側の双方にとって便利でやさしいシステムといえるでしょう。

また、「いまイルモ」の設置には工事が必要なく、インターネット環境がなくても使用できます。これなら、賃貸住宅や古い住宅など、さまざまな住環境に対応できますね。数ある見守りサービス・製品のなかでも、いろんな人にやさしい、優れた見守り製品です。

詳細についてはぜひこちらにお問い合わせください。

その他のおすすめ記事

  • 独居老人だけじゃない! 安否確認システムが家族みんなの安全を守る!

見守り支援システム「いまイルモ」

キーワード