関連ワード

軽度認知障害(MCI)って、なに? 認知症初期症状との違いとは

高齢者一人暮らし

認知症、それとも予備軍?

誰しも避けたい認知症ですが、年を取るほど発症のリスクは高まります。高齢化が進む中、誰でもこの病気になる可能性があると思っておいた方がいいかもしれません。他方で、認知症に関する研究も進み、近年では、予防の方法や早期発見することで症状を遅らせたり改善できることもわかってきました。このことから、認知症の対策は予防と初期症状を見逃さないことが何より大事だといえます。

自分自身または家族のもの忘れや行動の変化などについて「これって認知症の初期症状では」と少し心配に思うことはないでしょうか? もし、そうであれば、少しでも早く治療につなげたいものですし、もしくは認知症ではなくても何らかの対策が必要な段階かもしれません。そこで、知っておきたいのが「MCI」です。

MCIは、Mild Cognitive Impairmentの略で日本語では「軽度認知障害」と呼ばれる認知症の前段階のことで、この状態にある人は認知症予備軍となります。MCIとはどのようなものか、また認知症との違いについて、知っておきましょう。

軽度認知障害(MCI)って、どんな状態?

軽度認知障害(以下MCI)は、まだ認知症にはなっていないが、その一歩手前の状態で健常と認知症の間のグレーゾーンといえます。これは、記憶や判断、何かを実行する、ものごとの理由づけなどの認知機能の一つに障害が起きてはいるが、ふだんの生活を送る上では特に支障がないといった状態です。具体的な症状としては、次のようなものがあります。

・以前から知っているはずのものの名前が思い出せず、「あれ」や「これ」などの代名詞を使って話すことが多くなった。
・最近に経験した出来事を思い出せないことがある。
・近ごろの話題などについていけず、雑談がしにくくなった。
・約束したことや日時を間違える。
・料理に手間取るなど、作業の段取りが悪くなった。
・習い事に行かなくなるなど、無気力になってきた。

また、MCIはこのように定義されています。

<MCI 5つの定義>
・本人や家族が記憶障害を指摘している
・日常生活の動作は普通にできる
・認知機能全般に問題はない
・年齢や教育レベルの影響だけでは説明できない記憶障害がある
・認知症ではない

MCIと認知症初期症状の違いは

このようなMCIの症状を見ると、記憶の機能に関するものが中心であることがわかります。また、これらは認知症の初期症状のように思えるかもしれませんが、MCIは、まだ認知症にはなっていない状態です。MCIと区別する上でも紹介すると、認知症初期症状には次のようなものがあり、これらの項目のうち4つ以上当てはまると認知症の疑いがあります。

・今日が何日か認識できないなど、いつも日にちがわからない
・さっき食事をしたことを忘れるなど、直近のことをよく忘れる
・最近聞いた話を思い出せない
・何度も同じことを言う
・以前に話したことを忘れて、同じ話をくり返す
・使い慣れた言葉や単語を思い出せない
・話の内容があちこちに飛んで、脈絡がない
・こちらの質問を理解できず、話がかみ合わない
・会話を理解することがかなりむずかしい
・昼間と夜の区別といった時間の観念がない
・間違いを指摘されて言いつくろうなど、話のつじつまを合わせようとする
・質問されて家族の方を向くなど、家族に依存することがある

こうしてみると、認知症の症状はふだんの生活を送る上でトラブルにつながることがわかります。これに対し、MCIの症状は日常生活では大きな支障にはなりません。したがって、認知症初期症状とMCIの違いは、日常生活上のトラブルになっているかどうかになります。

健常とMCIはどう区別すればいい?

MCIは認知機能の1つに障害があっても日常生活には問題のない状態であることがわかりました。では、健常の状態とはどう区別すればいいのでしょうか? MCIの症状はちょっとした変化ですから、ふだんの生活や仕事をする上での支障がなければ、身近な家族でも気づきにくいものです。そこで、ポイントになるのが「以前と比べてどうか」ということです。

例えば、大きなトラブルにはなっていないが、これまでと比べるともの忘れが多くなった、特に理由もないのに趣味の習いごとを休みがちになった、ということがあれば、MCIを疑った方がいいかもしれません。

また、家庭や社会での生活を営む上で支障がなければ、特に何もしなくても良いのでは、と思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。MCIを放置していると、生活上の大きな問題を起こさないまま、ゆっくりと症状が進行し、家族が気づいたときには認知症になっていたということもあり得ます。

MCIを放置しないことが認知症予防に

厚生労働省によると、2012年時点でのわが国における認知症の患者数は約462万人。これに加え、およそ400万人の人たちがMCIであるという推計もあります。65歳以上の人の7人に1人が認知症ということになりますが、MCIの人数を合わせると、この年代の4人に1人が認知症かMCIの状態にあるのです。

さらに、イギリスとイタリアの共同調査によると、1年間でMCIの人の約1割が、5年間では約4割が認知症に移行することがわかりました。いったん認知症を発症し、ある程度症状が進んでしまうと、回復しないことも多く、症状を遅らせることもむずかしくなります。一方、MCIの段階で認知機能の低下を防ぐための適切な対応をすれば、認知症へと進行せずに済むケースもあり、回復の可能性もあるのです。

このことから、認知症予防には、MCIの段階でしっかりと対策をすることが非常に有効なことがわかりますね。そのためには、日ごろの生活の中でMCIに気づくことが何よりも大切です。自分自身や家族のことで、以前に比べて何かおかしいと思ったら、もの忘れ外来などの医療機関に相談するようにしましょう。

その他のおすすめ記事

  • 認知症の初期症状が出たら、要注意!認知症予防のためには「卒酒」した方がいい?

  • 認知症予防のためには糖尿病にならないことが大事って、ホント?

    認知症予防のためには糖尿病にならないことが大事って、ホント?

見守り支援システム「いまイルモ」

キーワード