関連ワード

独居の後期高齢者が増加!?高齢者の安否確認システムに異業種、業界が熱い視線

認知症見守り

後期高齢者の世帯が急増

わが国では、2025年、団塊の世代のすべての人が75歳以上の後期高齢者になり、これからの10年後には3人に1人が高齢者になるといわれています。少子高齢化がさらに進むことになりますが、国によると、後期高齢者を世帯主とする世帯が急速に増加することが予想されています。

2025年には全体の23%にあたる世帯の世帯主が75歳以上になり、このうちの4割近くが単独世帯、つまり独居の後期高齢者になるのです。

後期高齢者が一人で暮らすことは、たとえ自立している方でも、本人・離れて暮らす家族ともに何かと心配がつきまといます。そこで、IT技術を使った安否確認システムを利用する方が増えているようです。これまで、安否確認システムといえば、警備会社などによるホームセキュリティなどに限られ、取り付け工事が必要で、利用料も高額なイメージがありました。

しかし、近年では、配線工事などを必要とせず、センサーを組み込んだ端末を高齢者の住居に設置し、家族の手持ちのスマホと連携できる製品「いまイルモ」が開発されています。端末の複合センサーは、人の動きに加え、温度や湿度、照度を検知し、行動履歴や温度などの環境の変化をスマホなどで確認できます。便利で洗練されたシステムですが、一般家庭でも利用しやすい手ごろな価格なのも大きな特長です。

自治体と連携して見守りを

このような安否確認システムは独居の高齢者とその家族の強い味方といえますが、それだけではありません。家族の間だけではなく、さまざまな活用の仕方が可能です。例えば、ある自治体では、「いまイルモ」のセンサーによるモニタリングデータをもとに役場と地域包括支援センターなどが高齢者の見守り活動を行っています。

モニタリングデータの1ヵ月分が一覧でき、1年をさかのぼって特定の日のデータを確認できる機能を活かし、高齢者の病気予防を目指す取り組みを行っている自治体もあります。独居の高齢者世帯に設置した「いまイルモ」による行動や生活データを必要に応じて地元の病院と共有し、生活指導に役立てており、ドクターにも好評です。

高齢者施設で、さらにきめ細かい見守りを

また、「いまイルモ」は老人ホームなどの高齢者施設でも導入が進められています。こうした施設ではプロのスタッフによる日常的な見守りはゆきとどいていますが、「いまイルモ」の安否確認システムは緊急事に素早く対応するための効率良いサポートとなります。

「いまイルモ」の端末は小型で、ベッドやトイレなど、いろんな場所に取り付けることが可能です。ベッドセンサーには2つのタイプがあり、ひとつは入所者が寝ている状態で心拍数や呼吸数を検知するといった、急変に備えたもの。もうひとつは離床センサーで、入所者がベッドにいるかどうかを介護スタッフが事務室から確認できます。

加えて、トイレ用のセンサーもあります。トイレ内で入所者が用を足したあとの立ち上がりの動作をセンサーがとらえて、スタッフのスマホにメールを送信し、スタッフが介助に向かうといった使い方ができるのです。

高齢者施設などではつねに人手不足が問題となっていまが、「いまイルモ」のシステムを導入すれば、スタッフの負担を増やすことなく、よりきめ細かい介護ができます。 以上のことから、「いまイルモ」のような安否確認システムは一般家庭だけではなく、行政や医療、介護の現場での見守りや生活指導などの業務を強くサポートできることがお分かりいただけるかと思います。

不動産業界の救世主?

この他にも、安否確認システムの活用が期待される業界があります。不動産業界、特に賃貸市場です。独居の高齢者が急増し、高齢者が安心して暮らせる住まいの必要性が高まる一方で、残念なことに、入居者として単身の高齢者、特に年齢の高い後期高齢者を受け入れない賃貸物件は少なくありません。

物件オーナーにとって、その大きな理由となるのが「孤独死」のリスクです。孤独死のあった部屋は事故物件となってしまい、後々、新しい入居者を募集するにあたって、その事実を告知する義務があります。結果として、家賃を大幅に下げるか、継続して空室となってしまうことが多く、中小規模の物件ほど、オーナーの負担は大きくなってしまいます。

しかしながら、少子高齢化による人口減少にともない賃貸住宅の需要も減っていきます。単にリスクがあるからと高齢者の入居を回避するよりも、リスクを抑え、高齢者を受け入れる方が得策ではないでしょうか。そのリスク防止になるのが、安否確認のシステムです。

「いまイルモ」を賃貸住宅に導入すれば、入居を希望する高齢者やその家族も、そして物件オーナーも安心できます。また、安否確認はホームセキュリティの1種になりますが、単身者向け賃貸物件の入居者に人気のある設備として上位にランクインしています。「これがあれば家賃が高くなっても入居したい」といわれる付加価値の高い設備のひとつなのです。

したがって、高齢社会のなか、「いまイルモ」は不動産賃貸のリスクをメリットに変えるものといえます。

今後も高齢化はさらに進み、介護や医療をはじめ、さまざまな分野や業界で高齢化対応が求められます。その対応策のひとつとして「いまイルモ」のシステムはいろいろな業種、業界から注目され、ウェブマガジン「Think Lopalace」でも取り上げられています。こちらもぜひ、ご一読ください。

http://think.leopalace21.co.jp/article/20160819k.html
http://think.leopalace21.co.jp/article/20161026f.html

その他のおすすめ記事

  • 80歳の高齢者も活躍、葉っぱビジネスに見た 安否確認と見守りシステムの新しいカタチ

  • 高齢者の安否確認をさりげなく 宅配業者と自治体がコラボレーション

    高齢者の安否確認をさりげなく 宅配業者と自治体がコラボレーション

見守り支援システム「いまイルモ」

キーワード