関連ワード

室温と湿度 高齢者一人暮らしの大敵を考える

安否確認

高齢者の夏の大敵?「熱中症」

地球温暖化が進み、夏には当然のように熱中症への注意喚起がされるようになりました。毎年、多くの人が熱中症を発症し、特に高齢者が多いことがわかっています。総務省消防庁の報告によると、2013年から2017年に熱中症で救急搬送された人のうち、およそ半数を65歳以上の高齢者が占めていました。

高齢者は熱中症になりやすいといわれます。歳をとると、体内に溜めておける水分量が少なくなることに加え、温度の変化を感じにくくなるからです。そのため、高齢者は熱中症の初期症状を自覚しにくいといったこともあります。例えば、夏にエアコンのスイッチを間違えて暖房を入れてしまい、室温の上昇に気がつかないまま熱中症になってしまったというケースが報告されています。

加えて、気になるデータがあります。熱中症になった高齢者の半数以上が家庭内で発症し、近年、その件数が増えているのです。また、熱中症により死亡した人のうち40%近くが家の中で発症していました。気温が28℃を超えると熱中症になりやすく、同じ気温でも湿度が高くなるほど発症しやすくなります。こうしたことから、高齢者の熱中症対策では、家の中の温度と湿度のコントロールが基本といえますが、一人暮らし高齢者の場合は不安があります。

冬はヒートショックに注意!

高齢者にとって、室温と湿度の管理が大切なのは夏場だけではありません。外気温が低くなる冬場でも、温度変化が高齢者の健康への大敵になることがあります。急激な温度変化による健康被害はヒートショックと呼ばれますが、極端な温度差により血圧が急激に変動し、脳梗塞や心筋梗塞などを起こしてしまうのです。

高齢になると、心機能が低下しますし、高血圧になる人も多いことから、ヒートショックのリスクが高まります。ヒートショックが起きやすい場所とされているのが、家庭の浴室です。入浴のために、暖かい部屋から寒い脱衣室に移動して服を脱ぎ、熱い浴槽につかるといった流れは、まさにヒートショックを起こしやすい行動パターンといえるでしょう。浴室でヒートショックを起こした場合、失神して、そのまま溺死してしまうこともあり得ます。この他に、暖かい部屋から寒い廊下に出たときや、寒いトイレでいきんだときなどにもヒートショックが起きる可能性があります。

このようなことから、ヒートショックを予防するには、家の中の温度差をなくすことが大切です。つまり、居室だけでなく、廊下や浴室、トイレなど、できるだけ同じ室温に保つようにしましょう。また、冬場は家の中を暖かくすることに気を取られがちですが、インフルエンザ予防の観点から、湿度の管理にも注意が必要です。

夏・冬通して室温と湿度の管理を

以上のことから、高齢者が無事に暮らしていくためには、夏・冬を通して室温と湿度の管理が重要なことがわかりますね。そこで、数値としての適切な目安を知っておきましょう。

夏場の熱中症対策としては、室温と湿度の目安とされるのが、室温は28℃、湿度は60%です。また、冬場には、居室の温度は15℃以上28℃以下、湿度は40%以上、浴室や洗面所、トイレなどは室温20℃以上に保つのがよいとされています。

とはいえ、温度変化を感じにくくなっている高齢者が自分で、室温と湿度を一定に保つようにするのは難しく、家族など周囲の人が気をつけてあげたいものです。しかしながら、同居家族のいない高齢者一人暮らしの場合は、どうすればいいのでしょうか?

その場合、インターネットを使った見守りシステムを活用する方法があります。例えば、多機能センサーを搭載した「いまイルモ」なら、離れて暮らしていても、見守り対象者の居室などの室温や湿度をいつでも確認することができます。ここで、実際の利用者の体験談をご紹介しましょう。

<センサーからの情報が安心に繋がりました>
ディスプレイ画面がわかりやすく簡単で気に入りました。はじめは温度・湿度は必要かな?と思いましたが、使い慣れてくると確認するようになって安心にも繋がってきました。機器が目立たなく、見守られる側にもストレスになっていなかったので助かりました。機能のわりにはリーズナブルだと思いますが、あくまで見守りレベルなので、「いまイルモ」に加えて、もっと包括的なサービスの提供を期待したい。
男性

「いまイルモ」で生活環境を含めた見守りを

「いまイルモ」は本来、安否確認や生活の様子を知る為の見守り支援システムです。人感や温度、湿度、照度などに反応するセンサーで対象者を見守り、見守る側はいつでもどこからでもパソコンやスマホなどでセンサーの検知データをチェックすることが可能です。

見守り対象者の家庭での行動パターンにあわせ、「いまイルモ」のセンサーを居室や洗面所など複数の場所に設置すれば、離れていても、家じゅうの温度・湿度を確認できます。適切な温度・湿度になっていなければ、すぐ本人に連絡するといった家族のルールをつくれば安心ですね。また、体験談にもあるように、「いまイルモ」のセンサーは形状も小さく目立たないので、見守られる人にとってストレスがありません。

今後も温暖化は進み、夏の暑さはますます過酷になると予想されています。また、地球環境の変動による季節はずれの異常気象も多くなっています。そうしたなか、高齢者の安全を守っていくには、その生活環境を含めた見守りが大切になります。「いまイルモ」なら、そんな見守りが可能です。

その他のおすすめ記事

  • 熱中症の季節到来! 高齢者の一人暮らしに限界?

  • 高齢者安否確認に欠かせない熱中症対策 センサー見守りでさらに安心

    高齢者安否確認に欠かせない熱中症対策 センサー見守りでさらに安心

見守り支援システム「いまイルモ」

キーワード